テーマ:ミッシェル・バテュ

ミッシェル・バテュ/夏の扉

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    夏の扉 コメント 子供の頃の思い出、ヴァシュレスのお屋敷の隣人宅へ向かうときに通っていた、私の秘密の道です。夏が近づくと花や緑、果実の香りに溢れ、優しい風が頬をくすぐります。きっとこの場所で私は、多くの想像力を養っていたのでしょう。毎年くぐる夏の扉は、大人への入口であっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/パリ、恋色に染まる頃

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    パリ、恋色に染まる頃 コメント 地平線に沈みゆく太陽に、空は抱擁され、赤く染まりはじめます。寄り添うパリの屋根たちの美しいシルエットが、恋色に染まる空に浮かあがります。月がそっと佇み、まるでその風景を優しく見守っているよう。 恋人達の熱い思いが、パリ中を包み込む瞬間。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/マリーナ

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    マリーナ コメント 一日の終わる頃の、美しい海岸線に佇む穏やかさを表現しました。夕日が辺り一面を染め、ただ優しい波の音があたりに響き渡るのです。 自然がうみだす美しさは計り知れず、時に息をのむほどの空の絶景には、自然に対する敬意を抱かずにはいられません。 エキゾチッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/ブルーホライズン

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    ブルーホライズン コメント 夏、真っ青な海、太陽、待ちに待ったバカンス! さざ波のやさしい音、そしてかわいた空気が椰子の木をそっと揺らし、私たちを心から安らがせてくれます。 携帯電話、ファックス、パソコン・・ 無機質の音に慣れてしまった体に、少しずつ自然の風が吹き込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/サバンナの影

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    サバンナの影 コメント ~日の暮れるサバンナ~ 熱を帯びた太陽が辺り一面を紅色に染め、ドラマチックな情景が広がります。夕日を背に木々やカヌーのシルエットが浮かび上がり、そのコントラストの美しさは息を呑むほどに感動的です。一日の終わり、生き物たちは一斉に夜を迎える準備を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/心の安らぎ

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    心の安らぎ コメント タンザニアで巡り合った風景―暮れゆく太陽でバラ色に染まるビクトリア湖。平和で穏やかな雰囲気が辺り一面を支配していました。揺らぐ水の音色は、鳥や動物たちの鳴き声とハーモニーになり、静かに私たちを夜へと誘うのです。熱気、動物の声、豊かな自然、そしてオー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/果てしない旅

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    果てしない旅 コメント 旅をしていると、まるで世界の果てに来ているような気がする時があります。 まだ誰も足を踏み入れてない、ありのままの自然が広がる場所。空気は澄み、波は穏やかに、風が緑の木々をそっと揺らし、動物たちは自由に駆け巡る・・・そして、どこまでも果てしなく続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/溢れだす光

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    溢れだす光 コメント 夕暮れのN・Yのシルエットー沈みゆく太陽の光を受け、鮮やかに浮かびあがる美しい街ニューヨーク。直線にのびるブルックリン橋が、そのメタリックの軽い真感で、移りゆく空と地上を結びます。 #N/A
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/秋色の想い

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    秋色の想い コメント 秋になるとパリはオークル色に包まれます。鮮やかに、黄色、赤色に染まった木々は秋色の町にアクセントに添え、その美しさは心奪われずにはいられません。私の大好きな秋―空色は澄み、エレガントに佇むエッフェル塔を横目に、セーヌ沿いを散歩。このカップルのように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/透影

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    透影 コメント 夏のバケーションの為に訪れたモルディヴ。日中、太陽に照らされて火照った体をしずめようと海辺に足を運んだときの事です。夕日のオレンジ色と、未だ残る青空がえも言われぬグラデーションをつくりだしていました。ふと視線を落とすと、水面にはシンメトリーに映し出された…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/悠久の旅

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    悠久の旅 コメント 何世紀を経ても変わることのない壮麗なエジプトの景観・・・優しい朝焼けの光を受け、ラクダ隊一行のシルエットが雄大な光景を背に見事に浮かび上がります。 (C)アールブリアン株式会社
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/黄金色の思い出

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    黄金色の思い出 コメント  ハワイ旅行で立ち寄ったある小さな街。海沿いの美しい公園は、熱気を抱えた黄金色に染まり、散歩中の私は思わず足を止めたのです。ふと目を閉じれば今でもはっきりと目に浮かぶ、魅力にあふれたワンシーン。 (C)アールブリアン株式会社
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/パリのセーヌ川

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    パリのセーヌ川 コメント 朝日が顔をだす頃、パリはプラム色に染まり、建物のシルエットがうっすらと浮かび上がります。セーヌ川が、そのひっそりとした景観に表情を付け加え、パリはこの上ない美しさを醸しだします。見慣れているはずなのに、この風景は私の心を捉えはなさないのです。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/夕凪の浜辺

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    夕凪の浜辺 コメント 夜が訪れる少し前の空には、まだ日の光が残っており、満月の明かりと共に光のコントラストをなしています。そのコントラストをなした美しい空を眺めていると、全てのものから解放され、幸せな気分になれるのです。それはほんのつかの間の風景で、私にとってこれは一日…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/哀愁のゴンドラ

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    哀愁のゴンドラ コメント 空がピンク色に染まり、ベニスの素晴らしい街並みを彩ります。穏やかな波につられながら水の上にたたずんでいる2艘のゴンドラは、ベニスの街の美しさをより一層高めています。夏の暑い夜に打ち寄せる波の音は、より幻想的な世界へと導きます。魔法をかけたような…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/我が家の明かり

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    我が家の明かり コメント 私の田舎、ヴァシュレス、ノジャン・ル・ロアの冬の夜のパノラマです。空は真夜中まで青みを残し、木々や家々のシルエットがうっすら光をおび、浮かび上がります。小さな村のシルエットはいつも私の心に生き続けているのです。ミステリアスでしっとりとした冬の夜…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/空を見上げて

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    空を見上げて コメント この作品は一日の終わるパリの印象を描いたものです。パリでは夕方になると、空がいつもパリ色と言われる、青、白、グレーが混じりあう色へと変化します。夜が近づくと、地平線は赤紫に染まり、青空は少しずつ薄らいでゆきます。その空の下、地平線に広がる街は、白…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/秘密のランデヴー

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    秘密のランデヴー コメント ヴァシュレスのアトリエのそばにある森の中を散歩すると、そこでは、しばしば素晴らしい光景に出会います。大変臆病でいて野性的な鹿たち。彼らは陽気で、私を見つめ観察した後、大股で駆け抜けてゆきました。森は全て緑色と黄色に覆われ、春の世界を映し出して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/シェルビーチ

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    シェルビーチ コメント 貝殻の海岸、白い砂、焼け付くような太陽、青く澄んだ海・・・ドミニコ共和国を訪れた時の思い出の光景を描いています。孤独な一艘の小船は、我々を静けさと、美しいさざ波の響きへと導いてくれます。強い日差しは樹木を垂直に突き刺し、そこにうつる影はきらきらと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/ハワイアンサンセット

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    ハワイアンサンセット コメント めまぐるしく過ぎ行く時間の中での生活、そして身を刺すようなパリの寒さにも慣れてしまうと、この日没の風景はまるで夢の中で見ているような気分にさせられます。太陽が腰を下ろし、赤い地平線が広がっていく幻想的な光景は、パリでのあわただしい日常を忘…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/潮風の帰路

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    潮風の帰路 コメント  空が暁色から薄暗くなり夜を迎えるとき、浜辺に打ち上げられた小舟は、まるで長旅の終わりに羽を休め、至福のひとときを感じている旅人のようです。その姿に私たちは、日常生活の忙しさや窮屈さからふと解き放たれ、とても穏やかな気持ちを取り戻すことができます。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/甘いひととき

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    甘いひととき コメント 降り注ぐ昼の光の中に佇むヴェニスの街は、やがて夜を迎えようとしています。そこに漂うやわらかな空気は、どこか幻想的で心安らぐひとときを与えてくれます。温かみのある色調を繊細に表現し、そこにある可憐かつ豪華な建造物が、控えめながらしっかりと存在感ある…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/夕暮れのソナタ

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    夕暮れのソナタ コメント  夕暮れ時に水辺に佇むイタリアの街の風景は、この上なく魅力的で、水辺を飛び交う鳥たちは、その素晴らしい景色にロマンチックなエッセンスを加えています。どこからともなく響き渡る鳥たちの鳴き声は、ソナタの奏でにも聞こえてきます。風景の中に存在する感動…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/夕暮れの灯

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    夕暮れの灯 コメント ブルターニュ地方の小さな港を描いたものです。灯台は陸へ近づく船へ光を投げかけ、海を渡るものにとっては必要不可欠な存在です。深い青色を映す海と、桃色に染める夕暮れのコントラストの美しい情景に駆り立てられ、この作品を描きました。遠くに見える地平線に異国…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/野生の楽園

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    野生の楽園 コメント  生い茂った熱帯林、あらゆる植物に見受けられる激しいまでの自然のたくましさ、森を形作る生命力、みずみずしい緑は永遠に続くかのような風景です。このような場所で聞こえる緑のざわめきや、蒸し暑い空気に漂う草木の匂いはとても神秘的で、今でも思い出されます。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/眠らない街

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    眠らない街 コメント テーマは夜景に浮かぶニューヨーク。何年か前になりますが、アートエキスポNYでニューヨークに行った際、船でこの街を周遊しました。その雄大な景色が今でも闡明に記憶に残っています自然とは対立しあう中にありながらも人類によるこれほど素晴らしい想像を目の前に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/金の砂

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    金の砂 コメント この作品は、ドミニカ共和国の首都、サントドミンゴへの旅行から帰ってきて 制作したものです。美しい海が果てしなく広がり、背の高いココヤシの木が、 風に吹かれて揺れています。家々はとても小さくて、鮮やかな色をしています。 ぽつんと建つ小屋のように見えがちで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/そよ風の音色

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    そよ風の音色 コメント 2002年の11月、友人のアーティストが開設した文化センターのオープニングパーティーに出席するためインドに旅行した際の作品です。訪れた街のひとつ、プシュカール(PUSHKAR)は湖のほとりにあるとても神聖な街で、青と白に彩られていました。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/目覚めるとき

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    目覚めるとき コメント インドとは私にとってバラ色の国であり、雑踏と喧騒、ノイズ、褐色の肌の人々、宗教、様々な色に彩られたサリーに身をつつむ女性たちが混沌とした世界です。 日の出はとても美しく、ついこの間、ファティプル(インド北部)にある友人の画家の宮殿を訪れた時も、私…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミッシェル・バテュ/冬のプロムナード

アーティスト ミッシェル・バテュ タイトル    冬のプロムナード コメント 私の故郷、フランス北部のパ・ド・カレ地方にある村を描きました。中間色の繊細さと淡さによって、凍てつくような寒さ、静寂、冬の感覚を表現したいと思いました。冷気につつまれた自然の中ではすべてが純粋で静けさが漂っています。雪がまるで白いマントように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more