アクセスカウンタ

<<  2011年4月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


デイル・ターブッシュ/バッカスの杯

2011/04/30 11:41
アールブリアン

デイル・ターブッシュ/バッカスの杯



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    バッカスの杯



コメント

目の前にあるものが常に現実であるとは限りません。この絵の中で私は、ギリシア神話において酒の神として知られるバッカスのグラスを通じて見えてくる世界や、最愛の人を心から想う気持ちを忠実に表現し、描きました。
私が考える真実の世界は、より深く、実際に私たちが見ているものよりも想像に満ち溢れたものであります。
(Dale TerBush's creation comment)




(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/天と地の共鳴

2011/04/29 18:30
デイル・ターブッシュ/天と地の共鳴



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    天と地の共鳴



コメント

私が絵を描く時、常々情熱と冷静の2つを一緒に表そうと試みています。
この燃え立つような情熱と、情熱に押し流されない様にする冷静さ、相対する両者のバランスは私達の心のあり方で大切な事であり、自然界の摂理としても同様だと思います。
この作品では、そんな相対する両側面を表現しました。
(Dale TerBush's creation comment)




(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/星空に描く夢

2011/04/26 07:42
アールブリアン
デイル・ターブッシュ/星空に描く夢



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    星空に描く夢



コメント

夜空には無数の星、宇宙がきらめいています。宇宙の存在を感じた時、その壮大さを思い知らされます。夜じっと空を眺めていると、宇宙に抱く私たちの夢が想像を超えた世界へと誘ってくれます。私たちが宇宙や、自然に馳せる想いを表現した作品です。(Dale TerBush's creation comment)



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/銀色の彼方へ [アールブリアン]

2011/04/25 10:30
デイル・ターブッシュ/銀色の彼方へ



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    銀色の彼方へ



コメント

作品の中の山々は、その雄大さと力強さで、私たちを守ってくれます。雪は山の一面を優しく覆っていて、光の中で微かに銀色を帯びています。壮大で力強い山と一体になった雪のように、私たちも精神と心を一つにした時、平和な心の状態が訪れます。(Dale TerBush's creation comment)



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/空を彩る宝石

2011/04/23 09:15
アールブリアン
デイル・ターブッシュ/空を彩る宝石



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    空を彩る宝石



コメント

恋をしている時、まだ届かない想いを寄せる相手は、夜空に輝く星のようなものに思えることでしょう。その存在は夜空という、キャンバスを彩る星に姿を変えたダイヤモンドのように、眩く遠くに感じられます。そういった時、恋する貴方は星とともに、浮かぶ月へと想いを馳せることでしょう。(Dale TerBush's creation comment)



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/愛と月の輝き

2011/04/22 16:21
アールブリアン
デイル・ターブッシュ/愛と月の輝き



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    愛と月の輝き



コメント

作品の中に描かれている雄大な山に、月が光を照らしています。この雄大な山は、愛によって溢れてくる力を体現しています。手前の崖の端で、耐えるように生えている木々は、長い人生の中で波にもまれるような事があっても、耐え忍ぶことのできる力強い愛を表現しています。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/マイパール・マイムーン

2011/04/21 17:44
デイル・ターブッシュ/マイパール・マイムーン



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    マイパール・マイムーン



コメント

常々私は、幻想的な世界を月をモチーフにして描いていますが、今回は宝石の中でも奥ゆかしく、神秘的な輝きを放つ真珠を月に見たてることから、インスピレーションを得ました。輝く完璧な真珠が天国の海から浮かび上がり、夜空を漂っている様子を描いた作品です。夜空には夜の海のような深いブルーを使い、満月には真珠の輝きを施しています。
ご覧になる方が幻想的な空想の世界へと導かれ、しばし現実を離れ、ゆったりとした気持ちをもっていただける一枚となれば嬉しいです。




(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/生命の息吹

2011/04/20 08:59




アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    生命の息吹



コメント

恋人から愛を表現されたり、愛を感じた時、自然と笑みがこぼれ表情は明るく輝きます。明るい表情を見た周りの人まで、気持ちが明るくなるものです。空から差す太陽の光は、恋をしている時に恋人の顔に表われる、輝く笑顔を表現しています。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/語りかける星

2011/04/19 09:57
デイル・ターブッシュ/語りかける星



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    語りかける星



コメント

夜空を眺めながらそれぞれお気に入りの星を選んでいる、愛し合う二人に許された特別な瞬間を描いた作品です。描いた流れ星は特別なモチーフとして加えました。流れ星の放つ光は、愛する二人が巡り合った瞬間に放たれる熱い火花を表しています。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/稲妻の鼓動

2011/04/18 08:53
デイル・ターブッシュ/稲妻の鼓動



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    稲妻の鼓動



コメント

この作品では、人が彷徨いながらも、自分の家庭に対して愛情、安定を求め始めたときの心の葛藤を表現してみました。まず目を閉じて光の中で歩いている自分が浮かびます。目を閉じれば視覚に惑わされることなく、自分の心が道しるべとなり、必ず求めている場所へたどり着くことができるでしょう。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/ムーンガーディアン

2011/04/15 09:21
デイル・ターブッシュ/ムーンガーディアン



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    ムーンガーディアン



コメント

空を見つめていると、雲はさまざまな形を織り成している。雲は常に形を変えるので一瞬一瞬にドラマが生まれる。月が美しく輝くある夜、満天の星空にドラゴンが現れた。ドラゴンは守るように月を優しく包み込んでいた。あまりに美しいその光景は、生涯忘れることができない魔法のような瞬間であった。









(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/月を輝かせる愛

2011/04/14 09:35
デイル・ターブッシュ/月を輝かせる愛



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    月を輝かせる愛



コメント

恋に落ちたときの情熱は、時に世界を色鮮やかな時間へと染めてしまう。愛の力は、曇りがかった空さえもバラ色へと変えてしまう。作品の下方に密やかに描かれた二つのハートは新しく生まれた愛の絆を象徴している。あまりにも強烈な愛の力に魅せられた月は輝きを増し、世界を幻想的に照らしているのである。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/愛を語る夜

2011/04/13 09:02
デイル・ターブッシュ/愛を語る夜



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    愛を語る夜



コメント

 この絵は美しい夜の始まりを描いたものです。愛する人との帰宅途中、太陽が西の空に沈むのを眺めていました。太陽が沈んだとき、月が空に明るく浮かび上がり、家への帰り道を照らしてくれます。月が浮かぶ幻想的な景色は、私たちの愛の絆をより深く強めてくれます。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/月の魔力

2011/04/12 08:55




アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    月の魔力



コメント

まず最初に、雪に覆われた山をイメージしました。夜に浮かび上がったその山は月明かりに照らされ、美しく静かに輝きはじめました。それは、月が雪山に魔法をかけた瞬間でした。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/見果てぬ夢

2011/04/11 08:18
デイル・ターブッシュ/見果てぬ夢



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    見果てぬ夢



コメント

心の内を深く見つめなおし、強く思えば奇跡は起きると信じています。湖のほとりで月が昇るのを見つめ、人生におけるただ一つの愛を探し求める私がいます。月が昇るにつれ、その愛にすぐに出会えるような気持ちになってきました。







(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/オーロラに包まれて

2011/04/08 09:10
デイル・ターブッシュ/オーロラに包まれて



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    オーロラに包まれて



コメント

山の中腹から辺りが見渡せる特別な場所を見つけ、特別な人とそこにしばらく立っている場面を思い描きました。やがて、静かに壮大なオーロラが私の上に舞い降りてきました。それは、グリーンやピンクに様々に色や形を変化させていきます。時には情熱の炎のように、また時には静寂な水の流れのように、オーロラは天が暗示してくれる私たちの愛を象徴する神秘なのです。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/ファンタジア

2011/04/07 08:49
デイル・ターブッシュ/ファンタジア



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    ファンタジア



コメント

長い一日の終わりに、楽園に太陽が沈むのを座ってゆったりと眺めている自分を 思い浮かべました。天から降る日の光により、花は美しく輝き、水は光線の中できら まきながら舞っています。静寂と平和に温かく包まれる地。疲れを癒し、明日への 活力がみなぎる楽園です。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/究極の愛

2011/04/06 08:37
デイル・ターブッシュ/究極の愛



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    究極の愛



コメント

この絵に描かれている大きな満月は、愛に満たされた私の心を表しています。私の心は愛を感じれば感じるほど美しく輝く満月のように満たされていきます。これまで感じたことのないような大きな愛が今生まれようとしています。大きな愛、つまり美しい月は周りの全てのものを明るく照らします。これこそが愛の力なのです。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/運命の出逢い

2011/04/05 09:32
デイル・ターブッシュ/運命の出逢い



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    運命の出逢い



コメント

これは私がイタリアのトスカーナで10日間過ごした後に描いたものです。イタリアの景色は非常に美しく感動的であり、また写真をとらなかったにもかかわらず、私は この光景を心に描くことができました。そのため帰国した後も、美しい景色は私の記憶の中に深く残っており、この風景を描くインスピレーションとなったのです。 この世界のどこかには、このようにまるで天国のような場所がたくさんあるのだと、 私は強く信じています。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/魅惑の荒野

2011/04/04 08:36
デイル・ターブッシュ/魅惑の荒野



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    魅惑の荒野



コメント

「魅惑の荒野」は北アリゾナ、モニュメントバレーを描いたものです。この場所は神の力が宿るといわれる場所で、常に光のマジックが繰り広げられています。山々は素晴らしい陰影を地表に落とし、その影の移り変わりを夜の暗闇や訪れる時まで楽しむことができます。朝日が訪れる時から夕暮れ時まで様々な表情を見せてくれます。 特に夕陽が落ちる頃には胸に迫る感動があるのです。我々の目と心に語りかける場所、それが私のふるさと、アリゾナなのです。







(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/君の記憶に残る雪

2011/04/02 19:11




アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    君の記憶に残る雪



コメント

 生涯のうちで、我々はある特別な一瞬を垣間見ることがあるでしょう。そしてまたそれは、心に直に感動が伝わってくるような、そんな瞬間なのです。神があなた一人の為に創造なさった美しい夕焼けや日の出、という形で目の前にあらわれるときもあるでしょう。この光景は、天上に存在する全てのものが銀世界、ただそれだけを作り上げるために集った、ある一瞬を描写しています。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/親愛なる月

2011/04/01 19:06
デイル・ターブッシュ/親愛なる月



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    親愛なる月



コメント

二人の男女が岩に腰かけ、海を見下ろしながら月が昇るのを見つめていました。
二人が恋に落ちた瞬間、全てのものが違って見え始めました。今までずっと長い間 月を見てきたにも関わらず、この瞬間に二人一緒に見る月は全く違う新しいものに なってしまったかのように感じられました。恋する二人の目には世界が全く変わって 見えてしまうのです。




(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2011年4月のブログ記事  >> 

トップへ

Artbrillant's Shop

アールブリアン 2011年4月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる