アクセスカウンタ

<<  2011年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


デイル・ターブッシュ/月をめざして

2011/03/31 18:09
デイル・ターブッシュ/月をめざして



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    月をめざして



コメント

中央の二本の木は幾年にも渡って培われた力強さを表し、二つの流れ星は二つの愛を表すという着想のもとにこの作品に取り組みました。二つの流れ星が目的地である 月にたどり着いた時に出会えるよう角度をつけて描きました。月にたどり着き出会った瞬間、彼らは恋に落ち、夜空に広がる大きな愛に包み込まれます。この世に生まれた小さな愛が、より大きな愛で祝福されているのをこの作品で表現しました。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/海へ捧げる情熱

2011/03/30 19:06
デイル・ターブッシュ/海へ捧げる情熱



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    海へ捧げる情熱



コメント

私にとって、海は心の楽園を表しています。潮が引いたり満ちたりすることは心臓の 鼓動のようです。海は力強さと賢明さを持ち合わせています。それがこれまでも、 そしてこれからも私の楽園の鼓動となるのです。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/光の吐息

2011/03/29 08:43
デイル・ターブッシュ/光の吐息



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    光の吐息



コメント

この作品は、神の光によってインスピレーションを受けたものです。この世の中には 上も下もなく、また右も左もないと私は信じています。しかしながら神は世界の中心 に存在するのです。神は我々に一枚の地図を与えてくれ、その地図には神へと導いてくれるたくさんの道が記されています。ただ重要なのは、どのような道を通ってきたのかではなく、最終的に神のもとへとたどり着くことができるかどうかということです。







(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/長い冬の夜

2011/03/28 08:48
デイル・ターブッシュ/長い冬の夜



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    長い冬の夜



コメント

この作品は、愛し合う二人が彼らの温かい家から雪の中へと足を踏み出し、冬の夜空に浮かぶ美しい月を見つけた時の思い出を描いたものです。とても寒い夜でしたが、彼らの気持ちが通じ合い、愛し合うことで寒さなど気になりませんでした。



(C)アールブリアン
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


− タイトルなし −

2011/03/25 08:30
デイル・ターブッシュ/心の窓



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    心の窓



コメント

この絵は私の家から見える景色を描いたものです。サボテンの間を縫うように歩いていると雷が空で暴れまくっている光景を幾度となく目にしました。地表にそびえ立つサボテンたちはこの変化の絶えない世界に立ち向かう果敢な戦士のようです。とどろく雷鳴が渓谷にこだまし始めた頃、突然空中から地上にまで届く稲妻の閃光が走ったのです。砂漠の地に本当の魔法がかかった瞬間でした。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/月に誓う愛

2011/03/24 08:52
デイル・ターブッシュ/月に誓う愛



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    月に誓う愛



コメント

この作品を制作するにあたって、私は二人の親友もしくは恋人同士がとても大切な物、時、何かを分かち合っている瞬間を思い描きました。彼らはお互いに愛を捧げあい、月の美しさを共有しています。木や岩に反射する温かい光は愛する気持ちから放射線状に広がった光で、月の微光は水面を踊るように降り注いでいます。







(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/奪われた心

2011/03/23 08:53
デイル・ターブッシュ/奪われた心



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    奪われた心



コメント

私は愛し合う二人が谷間を歩いている様子をイメージしながら、この作品を描きました。二人は互いに愛を語らい、気持ちを確かめ合っています。ちょうど月が輝きはじめた時、愛し合う二人は気がついたのです。彼らは互いの心を捧げあっていただけでなく、月に彼らの心を奪われてしまったのでした。



 




(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/炎と氷の愛

2011/03/22 19:17




アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    炎と氷の愛



コメント

この作品は、私にとって情熱と冷静を表すもです。炎が情熱を表し、氷が冷静を表します。人生の中で、全てのものについてバランスは、非常に重要なものです。炎が大きすぎると氷は溶け崩れてしまいます。また、氷が多すぎたら炎は息をすることも出来ません。これは恋や仕事など日常生活はもちろん、我々の人生において大切なことなのです。



(C)アールブリアン
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/誕生

2011/03/17 19:11
デイル・ターブッシュ/誕生



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    誕生



コメント

この絵のパラダイスを旅すると、ふと空から光が差し込んでいるのが目に止まります。その光が地を照らしているのを見ると、まるでこの世の全てのものを、その薄く光り輝くベールが、吸い込んでいるような錯角に陥ります。この薄いきらびやかな光が地を照らす様子を見ると、神の存在を感じ、心が休まります。私達が日々生活している世界とは違い、この私のパラダイスの世界では、太陽も月も一日に何度も昇るのです。こういう現象が起きる度に、私の心は弾むのです。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/光の旋律

2011/03/16 09:50
デイル・ターブッシュ/光の旋律



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    光の旋律



コメント

このイメージは、朝、闇に光が差し込むその様子にインスピレーションを得たものです。私の繰り広げる世界においては、この神々しい色調が朝夕関係なく存在します。普段、何気なく我々が目にしている光景は、私が作り上げる世界では、時間に関係なく現れます。真ん中から溢れ出すこの光が、絵の左手に見える稲妻の光を圧倒しています。それ故に、稲妻の光を押し込めようとしています。つまり、この輝かしい光が希望に満ちた真新しい日を運んでくれる事を象徴しているのです。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/約束の地へ

2011/03/15 19:04
デイル・ターブッシュ/約束の地へ



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    約束の地へ



コメント

私は、虹とは神の橋だと信じています。また、その虹は我々が目にするような事はない地球の中で繋がり、完璧な円となっていて、我々の人生、生命の美しい円の象徴になっていると信じています。人生においては、山あり谷あり。到底渡りきることが出来ないと思えるような困難とぶつかることがあります。これ以上の試練はないと思っていると、ふと嵐が過ぎ去り光が差し込んでくる、それがまた人生でもあります。神は人々が試練がある時、人生には悪いことばかりでない事を教えるため、虹を見せ、我々を導いて下さっているのではないでしょうか。








(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


デイル・ターブッシュ/月の神話

2011/03/14 19:03
デイル・ターブッシュ/月の神話



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    月の神話



コメント

私にとって月のイメージは、常に満月であり、まるでベルベットの夜に輝かしく浮かぶ真珠のようです。その月光にあたる全てのものは、キラキラと光り輝きます。月光にあたり、海に向かって滝のように流れ落ちる水は、決して海にその行く手を阻まれることはありません。このことは、人生が終わりなき旅であることを象徴しています。月は夜が明けるまで我々の旅を正しく導いてくれます。そして、昼間においては、太陽が私達を導いてくれているのです。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キモ/KIMO/ブリリアントデイ

2011/03/10 10:00
キモ/KIMO/ブリリアントデイ



アーティスト キモ/KIMO

タイトル    ブリリアントデイ



コメント

ブリリアントデイ〜光り輝く日〜
争いもなく、愛と平和に包まれた世界。
喜びと笑顔に溢れ、何か楽しい事が起こりそうな予感がします。その世界は、待っていればやって来るものではなく、自分自身が作り上げていくものかもしれません。この作品のイメージは、目を閉じるといつも浮かび上がってきて、私の心に潤いをもたらします。




(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キモ/KIMO/ムーンライトロマンス

2011/03/09 09:23
キモ/KIMO/ムーンライトロマンス



アーティスト キモ/KIMO

タイトル    ムーンライトロマンス



コメント

月明かりのまだ残る早朝。なぜかこの日はとても早く目が覚めて、浜辺へ散歩にでかけました。いつもと変わらない波の音―ふと海に目をやると遠くに二匹のイルカが戯れている光景を見た気がしました。
地球温暖化によって、イルカたちの住む美しい海を汚されているという悲しい現実が胸をよぎりました。「ムーンライトロマンス」は、私たち人間と自然界との間の愛が、永遠に続くように・・・そんな願いを込めてつくり上げた作品です。




(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キモ/KIMO/ドルフィンアイランド

2011/03/08 19:27
キモ/KIMO/ドルフィンアイランド



アーティスト キモ/KIMO

タイトル    ドルフィンアイランド



コメント

 真っ青に透き通った海の中で、イルカたちが楽しそうに戯れています。優しい風がさざ波をつくり、太陽の光できらめく水面は、まるで宝石が一面にちりばめられているようです。そのすばらしい光景は、私たちの心にも爽やかな風をもたらし、幸せを運んできます。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キモ/KIMO/パッシングスルー

2011/03/07 09:21
キモ/KIMO/パッシングスルー



アーティスト キモ/KIMO

タイトル    パッシングスルー



コメント

 波打ち際に腰をおろし、満天の星空を眺めていました。現在・過去・未来・・・自分は何処から来て、何処へ向かうのか、そんな事に思いを馳せていた時、一瞬流れ星が星空を横切りました。その力強い輝きに、ただ自分を信じ、真っ直ぐに歩んでいけばいいのだと勇気付けられたのです。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キモ/KIMO/天国と現世

2011/03/04 19:34
キモ/KIMO/天国と現世



アーティスト キモ/KIMO

タイトル    天国と現世



コメント

 二匹のイルカが天から舞い降りる、目指すは母なる海。生命の源である海はたえず地球温暖化や海水汚染に脅かされています。いつまでも全ての生物が暮らしてゆける美しい海を守っていきたい、その深い願いを込め描いた一作品です。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キモ/KIMO/レッドパッション

2011/03/03 19:06
キモ/KIMO/レッドパッション



アーティスト キモ/KIMO

タイトル    レッドパッション



コメント

水平線に夕日が沈もうとする瞬間、情熱的な赤が辺り一面を包み込み、私たちの心を捕え離しません。日中、太陽にさらされ火照った体は、優しい光に包まれ、心地よい夜風に呼吸を取り戻すのです。赤く染まったビーチは、一日の終わりのノスタルジーとともに、これから始まる情熱的な夜を予感させます。



(C)アールブリアン
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キモ/KIMO/モーニングマジック

2011/03/02 19:18
キモ/KIMO/モーニングマジック



アーティスト キモ/KIMO

タイトル    モーニングマジック



コメント

ハワイの夜、海岸で夜空を眺めていると、無数にきらめく星に吸い寄せられるような感覚を覚えます。だんだんと意識はハワイから地球へ、そして地球から宇宙へと広がっていく中で「すべては繋がっている」という感覚に包まれます。途方も無く広大な宇宙でさえも、こうして意識を向ければ、私たちはみな繋がることができる・・・そう気付いた時、深い安らぎが込み上げ、この美しい夜空をいつまでも忘れずにいようと心に決めたのです。皆さんにもこの作品を通して、宇宙の神秘を感じていただきたいと思います。そして、私たち人間は性別、人種を問わず、いつでも繋がることが出来るのだと気付いて欲しいのです。



#N/A
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キモ/KIMO/未来へのしるべ

2011/03/01 19:18
キモ/KIMO/未来へのしるべ



アーティスト キモ/KIMO

タイトル    未来へのしるべ



コメント

3頭の仔イルカが仲良くじゃれあっています。大海原を駆け巡るその姿は、少しも人間の子供たちとかわりありません。遠い水面の光の気泡を見つけ、上へ上へ進む姿に、子供たちの未来への希望と幸福を思わずにはいられませんでした。



(C)アールブリアン株式会社
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2011年3月のブログ記事  >> 

トップへ

Artbrillant's Shop

アールブリアン 2011年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる